女の人

豚プラセンタを入手しよう|美意識UPアイテム

安定供給で入手しやすい

栄養剤

馬や牛・羊との比較

豚は馬などとくらべると多産の動物です。しかも年に複数回妊娠・出産します。そのため、豚プラセンタは安定した供給が可能なプラセンタとして重宝されています。プラセンタにはヒト由来のものもあるのですが、ヒト由来のプラセンタは医療分野でのみ用いられています。プラセンタを利用しやすい動物としては馬のほかに牛もありますが、牛の場合は狂牛病が問題となりました。化粧品として使うのならばまだしも、サプリメントとして経口摂取する場合は安全性がより重要視されるため、牛のプラセンタよりも豚プラセンタの方が安全面で安心できると考えられています。牛と同じく有蹄類の動物としては羊も挙げられますが、羊でも海綿状脳症という病気が起こるため、やはり豚プラセンタが信頼できるということになっています。

食品でも注目のSPF豚

豚プラセンタのサプリメントを利用する際には、ひとつ注意したいことがあります。それは豚を食品として考える場合と同じ注意点です。豚の場合多数の個体を同じ畜舎内で飼育するため、病気が発生すると全滅の恐れが出てきます。そのため、病気の予防のために抗生物質を投与することがあるのです。現在、スーパーマーケットなどで「SPF豚」という表示を目にする機会が多くなっていますが、このSPF豚というのは厳格な飼育基準や衛生基準を守った上で飼育された豚のことです。日本で販売されている豚プラセンタはこの基準にのっとって製造されています。海外で製造された豚プラセンタも基本的に安全性には配慮されていますが、極端に安価な製品の中にはそうでない製品が混在する可能性もあるため、購入の際には安全性に配慮した製品を選びましょう。